スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は
Sat.04.06.2011 Posted in チラシの裏

一日中どのモニターを買うかで悩んでました。




乱茶です、今日もよろしく。




誇張でもなんでもなくマジ話です。




◆モニター

というわけで新しく買うモニタをひったすらぐぐったりぐぐったりぐぐったりしながら検討してました。

おかげで無駄に色々知識付いたわ・・・。



最終的に候補に残ったのは二つ。

一つ目は、三菱のRDT232WM-Zにノングレアシートを貼り付けて使う。

二つ目は、これまた三菱のMDT231WG


両者の決め手は倍速補完、せっかく新しいモニタにするのにサイズほとんど変わらないし何か目新しい機能が欲しい、というわけで見た目のインパクトが絶大な倍速補完搭載型をチョイス。

フレームシーケンシャル方式(シャッター式めがね使うやつ)で立体視を行う3D液晶は、3D映像を60Hzで表示するため、全体として120Hzで駆動している、なので3D表示を使わないのであれば120Hzで映像を表示する事ができる。
中間差分を生成する倍速補完と違って、差分作成処理で遅延する事も無いし、不自然な映像になる事もない。
って事で最初は3D液晶中心で考えてたんだけど、PCならともかくPS3や箱といったCSゲーム機は基本的に120Hzでの映像出力に対応してないって事が判明。
映像ソースがないんじゃモニタが120Hzで駆動しても意味がない、というわけで無理矢理120Hzにする倍速補完が残ったわけだ。

まぁ元々存在しない映像をハードウェア処理で無理矢理120Hzに変換するわけだからさほど期待しちゃいけないだろうとは思うが。

※60Hz = 60fps = 一般的なゲームのフレームレート  ちなみにアニメは24fps



とりあえず明日みてくる。

« モニタ買ったった | Home | お悩みタイム »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。