リアクター
Sat.10.03.2007 Posted in 何かのゲームの話


4月の足音が聞こえてくるぅーーー\(^o^)/

乱茶です、今日もよろしく。





◆今日の雑学

本籍地を変更すると戸籍から離婚歴が消える。




◆RO

2月後半の神器クエがやっと終わったと思ったらその数時間後に誰かが神器作ってクエ再開。
もうなんか神器作成を待つ期間より2次クエ終わるまでを待つ期間の方が長くなりそうな勢い。





◆スーパーロボット大戦W


第25話「木星決戦!超重力の罠」
連合宇宙歴100.1.1、航海日誌…
ついに連合宇宙歴も100年だ。
この記念すべき日を俺達は火星圏で木連と共に迎える事となった。
木連の人達にとって連合宇宙歴は苦難の歴史を意味するが、これからは違うはずだ。
というわけでクーデターが起きた木連は完全にお祭り騒ぎで、新年からゲキ・ガンガー一色だった。
ゲキ・ガン除夜の鐘に始まり、ゲキ・ガン初日の出から、ゲキ・ガンおせち料理まで…。
平和を喜ぶ彼らと新年を迎えた後、俺達は木星へ向かって出発する。
漂着したジェイアークにはソルダートJは乗っていなかったが、護のクラスメートの戒道がいた。
彼もだいぶ衰弱していたがそろそろ話が聞けるぐらいまでには回復するそうだ。
木星で俺達を待つのは果たして何か…?
来週もこの航海日誌にレッツ!ゲキガイン!!
…どうやら木連と過ごした数日で俺の感覚もゲキガン一色になっちまったようだ。


影響されやすい子です\(^o^)/

ザ・パワーで超重力も振り切るウルトラハイテンションなお話。
原種が結合を始めた所でインターミッション。


第26話「勇気ある戦い」

Zマスター決戦のお話。

アリア、なんというキツいツンデレ/^o^\
うはwwwwwwwwwwwヴァルホークとストーク合体したwwwwwwwwwwwwwwww
こ、これはなんというウラエヌス(ry

オリジナル敵勢力が顔見せ。
これである程度前半で進んでたストーリーは消化したからこのまま後編か?














あ、ゾヌーダ忘れてた(ry



第27話「そして、終わらない明日へ」
連合宇宙歴100.2.13、航海日誌…
木星決戦に勝利した俺達は途中、火星圏に立ち寄るなどして約一ヶ月半ぶりに地球圏に帰還した。
帰り道で色々な事があった。
ユキナちゃんがナデシコを降りたくないと大暴れしたり…。
ガイさんが宗介とヒイロをゲキ・ガンガー色に染め上げようと躍起になったり等々…。
中でもアキトさんが火星の件の責任をとって…ミスマル艦長にプロポーズするとか、しないとかは隊全体を巻き込んでの大騒動になった。
とりあえず、地球に戻ってから艦長の親父さんであるミスマル提督にあいさつに行くらしい。
いやはや…女難の相というのはご苦労様と言うべきか、うらやましいと言うべきか…。
そんな中で命さんが倒れてしまった。
凱さんの話では単なる過労だそうだが、ちょっと心配だ。
で、明日はバレンタインデー!
今年はヴェルターのおかげで周りに女の子はたくさんいる…。
ノインさんやミナトさんは無理でもさやかやヒカルさんのお義理ぐらいは期待できそうだ。
というわけで、義理チョコの大本命の命さんには是非とも復活してもらいたい。
地球の平和の次は俺自身の幸せを探したいもんだ。


ゾヌーダ決戦のお話。
前編終了、オリジナル敵大暴れでヴェルター壊滅、血のバレンタインが起きて後編へ。
約半年が経過したらしいヨ。
後編に入るにあたってお気に入り作品選び直し。
ものすごく悩んだあげくガオガイガー、アストレイ、オーガンにしておいた。




第28話「宇宙に一人だけの」
カズマが行方不明なのでミヒロの日誌をお楽しみください。
連合宇宙歴100.8.25、航海日誌…
ヴェルターができてから一年、そして、解散してからちょうど半年が経った。
半年前のあの日、私たちはお父さんとお兄ちゃんを同時に失った。
それだけじゃない。
オービットベースも壊されてナデシコも動けなくなって…。
そして、Dボゥイさんやユリカさんとアキトさん、イネスさんもあんな事になってしまった。
ヴェルターは活動を続けられなくなり、みんな、それぞれの生活に戻っていった。
あの時の事を思い出すとつらくなるから、私達はあれ以来みんなとはほとんど連絡を取っていない。
でも、思い出は大事にしなさいとお父さんは言っていたので、今日は日誌に書いてみた。
でも、やっぱり思い出すと悲しい…。
悲しくて…悲しくて…私は……。


(´゚д゚`)そこで何をやっているカズマ、某合体ロボのニヒル担当みたいな喋り方しやがって(ry
なにやらよく分からない事情で偽名使ってサーペントテールの一員として行動してるらしい。
おいおいヴァルストーク来たのにスルーですか(ry
後編スタート、ミヒロがヴァルホーク一人で操縦するのはちょっと無理があるんじゃないか・・・なお話。



第29話「赤い魂、青い炎」
連合宇宙歴100.8.26、航海日誌…
傭兵の人達といっしょにいたのは絶対にお兄ちゃんだった…。
私が間違えるはずがない…。
お兄ちゃんとお父さんは半年前の戦いから行方不明だったけどお兄ちゃんは生きていた…。
お姉ちゃんはそれだけで充分だって言っていたけど、私は嫌だ…。
お兄ちゃんに会いたい…。
お兄ちゃんといっしょに暮らしたい…。
それなのに、どうして…。


なんという兄思いの日誌、これは間違いなく写している俺が恥ずかしい\(^o^)/

ガンダムSEED関係のシナリオは空気っぽいな、ストライク初起動がシナリオデモすら無かった。
カズマフルボッコのお話。
まぁ何はともあれお帰りなさいです^^^
フレイはさっさと死ね。




第30話「女神の夢、戦神の希望」
連合宇宙歴100.8.29、航海日誌…
久々に日誌をつける事になった。
半年前から昨日まで俺はロクでもない事しかしてこなかった…。
だが、今はその時間も肯定しつつある。
だから、俺はあの半年間の出来事も忘れたくはない。
近頃、親父が最後に言っていた思い出の大切さが少しだけ分かってきたような気がする。
だから、その気持ちを忘れずにこの日誌をつけていくつもりだ。


アルテミスの傘なんてボソンジャンプの前には無力すぎってお話。
ブラックサレナ初登場。
ガイ劇場版verワロタ



第31話「姫と道化、女王と勇者」
連合宇宙歴100.9.8、航海日誌…
俺達はプロフェッサーからの依頼を果たすためにアークエンジェル行きの補給物資を受け取りに向かっている。
だが、この一週間、宇宙は一人の少女の存在に揺れている。
プラントの歌姫といわれるラクス・クラインが消息不明になったというニュースのためだ。
事実上、地球各国とプラントは国交を断絶した状態だが…、宇宙で仕事をする俺達の間では彼女の歌声は何度か耳にする機会があり隠れたブームになっている。
当然のごとくプラントでは大人気で彼女が評議会議長の娘と言うこともあり色々な所に引っ張りダコらしい。
今回の一件もユニウスセブンの追悼式典の下見の際、戦闘に巻き込まれての事だそうだ。
おそらくアルテミスでザフトの部隊が後退したのは彼女の捜索のためだろう。
ザフトと地球は戦争をし、俺自身はそのどちらも支持する気はないが彼女の安否は気がかりだ。
彼女のあの歌声をまた聞きたいものである。


ガオファイガー出撃のお話。
今回はギムレットも居るのか。



第32話「終わるハイスクールライフ」
連合宇宙歴100.9.10、航海日誌…
俺達は凱さんの招きに応じてオービットベースへ行く事になった。
あそこに行くのは半年ぶりだがその間に地球圏の空気はどんどん悪くなっている。
プラントと地球は戦争になりラダムとイバリューダーとは三つ巴の状態が続いている。
そして、火星の後継者が武装決起しあちこちでバイオネットやテロリストが暴れまわっている。
それらの対処として大河長官は俺達を集めて再びヴェルターを結成するのだろう。
それへの参加を依頼された時、俺は何と答えればいいのだろうか…。
正直に言って俺は迷っている。
俺はこの世界がどこに向かっているかをわかっていない。
このまま戦う事にはためらいを覚える。
俺は戦うのなら、その意味を見つけてからにしたい。
甲児達はどうしているのだろう…。
こういう時には無性にあいつらの笑顔が見たくなる。


ふもっふ!ぽに?ぽに?ふもっふ、ふもっふ!ぽに・・・ふもっふ・・・なお話

ここでストーリー分岐。
せっかくだから俺はASTRAYについていくぜ。



第33話「忍び寄る黄金の影」
連合宇宙歴100.9.15、航海日誌…
大河長官からの依頼を断った俺達は当分の間はトレイラー稼業を続ける事になった。
ヴェルターとして戦った時間と独りで世界を巡り歩いた時間は俺に色々な事を教えてくれた。
それを無駄にしないためにも俺は戦うために自分の心を100%の状態にしたい。
とりあえず、スペースマンの戦いは生き残る事だ。
大口の契約をふいにした俺達はロウさん達と合流してジャンクの回収をする事にした。


赤&青vs翼&龍なお話。
タイトルの意味はよく分からなかったな。
どうやらレッドフレーム用のニタナを調達しに行くらしい。



第34話「よみがえる墓場の名刀」
連合宇宙歴100.9.20、航海日誌…
俺達はロウさんにつき合ってグレイブヤードへ向かう事になった。
無論、俺自身もグレイブヤードには大いに興味がある。
失われた技術や文化と聞いて心が躍らぬわけがない。
レッドフレームを狙うヒイロ達の意図はわからないが、今は目の前のワクワク感の方が大事だ。
ロウさん流の面白い生き方に俺達も便乗させてもらうとする。


レッドフレームがKATANAを装備するお話。
ていうかまた今回もブラックサレナが操作できるようになるのは後半なんですかね(´・ω・`)
カズマ君が元のノリに戻って新生ヴェルターに参加することに。




第35話「熱砂に吹く風」
連合宇宙歴100.10.9、航海日誌…
サハラ砂漠に落ちた俺達はノイ・ヴェルターに合流した。
ロウさん達も『面白そうだ』の一言で俺達に協力してくれる事になった。
あの人らしい理由だ。
ノイ・ヴェルターはGGGアメリカで3人の新テッカマンとアキさん、ルネ達を仲間に加えた。
俺達の当面の任務は火星の後継者の情報収集と…。
GGGアメリカでバイオネットに奪われたQパーツの捜索だそうだ。


新テッカマンチームが部屋に乱入、ここで日誌終わるかと思いきやまだ続く。

アキさんをチーフとする新スペースナイツには3人の地球製テッカマンがいる。
ナターシャがテッカマンベスナー、ダービットがテッカマンゾマー、ユミがテッカマンイーベルだ。
連中にはブルーアース号に乗ったサポートメンバーがそれぞれ付き、連携で戦うそうだ。
ゴリアテがベスナーの、アニタがゾマーの、ハヤトがイーベルのと言った具合にだ。
アキさんの話では連中は東京で咲いた早咲きのラダム樹に取り込まれた人間なんだそうだ。
そして、アキさんは地球製テッカマンを完成させるための実験台として自らもラダム樹に取り込ませた。
アキさんは行方不明のDボゥイさんの代わりにラダムと戦う気なのだろう。
しかし、新テッカマン…。
特にユミの奴はDボゥイさんとえらく雰囲気が違う。
その明るさを買われてテッカマンに選抜されたらしいが…。
あいつの志望動機ってのがブレードに憧れてというのは何とも言えない。
俺達はDボゥイさんが生きてる事を秘密にしておく事にしたが、あの人はこの先、どうする気なのだろう。

やたら長いです、ミーティング出ろよってルネに怒られてやんの\(^o^)/
ルネに怒られても日誌はまだ続く。

ルネの超人的な力はその身体がサイボーグであるためだと聞いた。
そして、それにはバイオネットが関わっており、それゆえルネは奴らを追う事に執念を燃やしているそうだ。


またまた登場俺TUEEEEEシステム搭載のバケモノAS討伐戦のお話。
新テッカマンの三人組がえらい使いやすい、お気に入り作品をオーガンじゃなくてテッカマンにすれば良かったと今更後悔中。
まぁオーガン出てきてないからまだなんとも言えないんだが。
リアクターボルテッカーは反則d(ry



« オフレポその2 | Home | オフレポその1 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)