隠者の紫
Thu.30.06.2005 Posted in リアルの話
もう6月も終わりでございます。
なんやかんやで忙しい日が続いてちょっとバテ気味
のんびりしたいなぁ(´・ω・`)

◆携帯電話

前にお話しましたが、携帯電話を買い換えました。
買った機種は予定通りW31S
ちょっといじってみた感想は

思ったより厚みがある
 十字キーのある部分と数字の部分の段差が意外と激しい
 でも操作性にはあまり影響を及ぼしてないので全然OK

レスポンス良好
 連打に近い速度でキーを押しても反応してくれます
 前の携帯ぬるぽだったから感動的

かっこよさす
 そのまんまwwwwwwwwwwwwww

操作性全般
 最初は数字のキーが小さいかな と思ったけど
 慣れてしまえばなんの問題もなかった。
 今のところ不自由無しよ。

節電だと寂しい
 放置してると自動的に節電モードになるんですが
 そうなると画面が真っ暗になるんで実に寂しいです。
 ちょっとくらい電力使って良いから何か表示するモードも用意してほしかっt(ry

とまぁこんな所かな
まだあまりいじってないしね

てか、買うって言ってからもう1ヶ月近く経ってましたね

◆ドット絵っていうかネタ画像

05-0630-01.png

某スタンド使いをRO風に作ろうとしたが
途中で挫折したという経緯で出来た中途半端なネタ画像。


てか・・・

2000hit越えてるじゃん

今回も申告無しなので次回は青箱3個でござる

« 夏本番 | Home | 夢から覚めた夢 »

comments

俺もその機種買おうとしてたけど らんちゃが買ったから止めた

(´゚д゚`)・・・
でも周りとかぶりたくないってのはあるよね

うん 僕の場合 特にヴォル君と同じは嫌です><
周りって言っても 北海道と東京じゃあ 結構離れてると思うけれども
宇宙から見ればそんな距離 蟻の巣みたいな短さだと思う。
スポットライトのあたるステージで生きていると
現実離れした世界に入り込む事がある
豪華ながら実は窮屈な環境の向こう側に存在する現実に触れながら
考え、そして感じようとする者にとって
魚眼レンズに見られて生きていく
カメラの目に捕らえられると嘘をつく勇気すら無くなる
見知らぬ相手が長いこと待ち侘びていた友達だなんて
そんなフリはできやしない。
なるほど、世界中が私達のためのステージなのだ
私たちはしがない演奏者、演技者、描写師でしかない
豪華ながら実は窮屈な環境の向こう側には
それぞれ私が観客を務める。

それはどこのコピペですか(´゚д゚`)・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)