心と時間
Mon.21.04.2008 Posted in 何かのゲームの話
【長野・聖火リレー】 新しいスタート地点は、「空き地」に決定

空き地wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
画像見たら予想以上に空き地で吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwwww

流石日本流、陰湿な抗議ですね(ry


乱茶です、今日もよろしく。



◆P2G
張れるようになったので自分のウカムも撃破。

G級武器・・・なんだこれは(ry
既存武器色々と涙目じゃねえかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
色々平行して作ってた俺も涙目wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


はぁ・・・。


・・・とりあえず各武器各属性揃えて行こう。



◆DSでADV
こっそりとルクス・ペインをクリア。
シナリオやキャラが凄く良かったし結構なボリュームがあったから大満足。
強いて言うなら後半の展開がちょっと急ぎ足過ぎたのとインターフェイスがちょっと不親切かな。

心の内の闇といったものをテーマにしてシナリオが展開されるのでリアルで鬱気味な人はやるべきじゃねえな(ry

死ね死ね死ね死ね死ね死ね

     死ね死ね死ね死ね死ね死ね

          死ね死ね死ね死ね死ね死ね


とか


   痛い!
              何故、私なの?
やめて!
          苦しい!


とか、こんな感じの演出があるゲームだから、うん。
でも決して鬱ゲーじゃないからな、そういう演出が大丈夫な人ならおすすめしたいところ。

ラストは切なかったなぁ。





で、クリアした勢いで積んであったタイムホロウにも手を出してみた。



























みじけえ(ry

ホロウペンと呼ばれるペンで時空に穴を開けて過去の世界に干渉し事件を「なかったこと」にしていくっていうADVなんだが・・・。

事件の背後にある人物が浮かび上がってきて・・・という流れで「こいつのことを深く調べていく内に新しい事件がまた起こって云々」とか妄想しつつ進めてたら、そいつがガチで犯人でなんか色々とつながっちゃって「あれ、終わり?」みたいな。

ゲーム的な説明で行くと、実戦形式のチュートリアルが終わったらいきなりラストダンジョンに放り込まれたみたいな感じ、ちょっと物足りないかな。

ただ、短いだけあってシナリオはバランス良く綺麗にまとまってた、悪く言うと小さくまとまり過ぎてあんまり面白みが(ry
短いからキャラに愛着沸かなかったりと色々もったいない感じがしたな。

まぁでも、過去に修正を加えられるなんて設定出しちゃったら極端に言えば何でもありだからなぁ。
だらだら続けられても・・・って感じだし難しいところ。

時間操作系作品はきちんと形になっているシナリオさえあればタイムパラドックス関連で色々と妄想して楽しめるからそれだけでも面白いんだけどね。
とある登場人物二人について考えるとあまりにも切なさ爆発すぎて泣ける(ry


どうでも良いけど主人公の髪型が寝癖にしか見えない(ry



◆今日の雑学
「UFOロボ グレンダイザー」はその昔フランスにて「ゴルドラック」というタイトルで放送され平均視聴率70%、最高視聴率100%という記録をたたき出した。
※世代別の集計である
※当時フランスにはチャンネルが3つしか無かった
※裏番組が不人気だった
といった様々な条件が重なった結果であるが、爆発的な大人気であった事に代わりは無い。


続きを読む »

スポンサーサイト